犬のシャンプーの仕方

犬を長い間おシャワーにいれていないと、臭くなったり、体にノミ、ダニが発生することになります。ですので、定期的なに犬の体のシャンプーは大切なことです。

毎月、定期的にトリミングに行ってそこでシャンプーもしてもらう場合にはお金はかかりますが、手間がかからず便利ですが、そんなに毎月もトリミングに行かない方もおられるでしょうから、自分で犬のシャンプーをやることになると思っています。

犬をお風呂に入れる正しい方法を解説してみます。犬のシャンプーを行う回数は、月2回程度とお考えください。これは、犬の汚れ具合で変わってきます。あまりにもシャンプーの頻度が多いと、犬の肌へのダメージが大きくなってしまいます。

犬の肌は実は人間よりも弱いのです。また、シャワーの温度ですが、37℃程度としてください。初めてシャワーを入れるときは、トラブルがあるかもしれません、洗い場で遊ばせることから始めて、お湯になれさせ、シャンプー、シャワー、ドライヤーと慣らしていくのがいいのでしょう。

37度のぬるま湯で、おしりから首に向かってぬらし、シャワーの圧力は弱めとします。問題は顔で、なるべく、目や、鼻、耳にかからないように注意します。これは人間と一緒です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です